So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

細くて小さく薄い舌「痩薄舌」 [四診]

今日は、痩薄舌について見ていきたいと思います。

businessman_question.png

痩薄舌とは、細くて小さく、厚さが薄い舌のことです。
痩薄舌は、主に色が淡いものと色が濃くて赤いものの2種類があります。

色が淡い舌の方は気血両虚の方に多く、舌と同じで顔色も薄く、
体の症状は疲れやすい、めまい、動くと汗をかきやすいなどが見られます。

色が濃くて赤い舌の方は、気陰両虚の方に多く、顔色は両頬が赤く、
体の症状は疲れやすい、口が渇く、寝汗、のぼせなどが見られます。

どちらも栄養状態が良くないため舌も痩せているので、
気血両虚の方は気と血を補い、気陰両虚の方は気と陰を補って治療します。

どちらの体質にも良い食べ物は、長芋、じゃがいも、かぼちゃ、さつまいも、キャベツ、
牛肉、鶏肉、ウナギ、たら、はちみつなどです。
逆に、濃い味や脂っこいもの、辛いもの、苦い味のものは胃腸の働きを弱め、
さらに状態が悪化する恐れがありますので控えましょう。



共通テーマ:健康

脾が弱いと、たるみが起きやすい [中医学]

脾の生理機能に「昇清」があります。
脾は、飲食物を消化吸収する働き(運化)が一番大きいですが、
昇清といって、栄養素を上昇させ引き上げる働きもあります。

したがって、脾の働きが弱いと引き上げることができず、
胃下垂や脱肛、子宮脱などの内臓下垂になることがあります。
それが肌にいくと、たるみになります。
逆に、脾が強いと肌にハリがあり毛穴も締まっています。
お化粧やマッサージなども大事ですが、
脾(胃腸)を健やかに保つことがたるみ防止の近道と言えるかもしれません。

pack_memoto.png


共通テーマ:健康

怒ると気が上がる [七情内傷]

今日は、怒ると気が上がるについて見ていきたいと思います。

face_angry_woman5.png

よくこのイラストのように「怒ると頭から湯気が出る」と言われますがそのとおりで、
中医学では怒ると気は上の方に上がると考えられています。
怒ると、顔面が赤くなる、目が充血する、額に青筋が立つなども
過剰な陽気が頭部へ上がるからなんですね。

また、長期間にわたって怒りの感情を続けていると、
頭痛がしたり、めまいがしたり、耳鳴りなどが起こってきます。
どれも、症状が激しいです。
これは、怒りは肝と関わりが深く、怒りすぎると熱が生じてそれが火となって
肝火が上逆してしまうからです(肝火上炎)。

中医学では、五臓と感情は密接につながっていると考えられています。
ですので、怒りの感情を少なくすると肝の負担も少なくなりますし、
逆に、肝気の巡りが良くなるとと怒りの感情も少なくなっていきます。



共通テーマ:健康

奔豚気病(ほんとんきびょう)について [中医学]

今日は、中医学の奔豚気病(ほんとんきびょう)について書きたいと思います。

animal_pig_buta.png

奔豚気病は、お腹から胸に向かって突き上げてくる激しい動悸のことを言い、
字のように、まるでお腹のあたりを子豚が走り回っているような症状から
名前が付けられました。
現代では、パニック障害やヒステリー、不安神経症などに相当すると言われています。
奔豚気病に効果があると言われている漢方薬が苓桂甘棗湯で、
緊張で神経が高ぶるような方によく用いられます。


共通テーマ:健康

食欲不振、食べても味がしない、手足が冷たいなど [症状から分析]

今日は、症状から証を分析していきたいと思います。

syokuyoku_nai_ojiisan.png

【症状】

・食欲不振
・小食
・食べるとお腹が張る
・食べても味がしない
・よだれや唾がよく出る
・お腹がシクシクと痛む
・手足が冷たい
・浮腫
・泥状便、下痢または便秘


脾陽虚

元々の虚弱体質、生ものや冷たいものの摂り過ぎ、冷たい風に当たった、過労など
が原因により、胃腸の働きが良くない脾気虚からさらに冷えが加わった状態です。
脾の機能である運化(消化と吸収)が上手くできずに、
消化機能と体を温める温煦機能が低下し、上記のような様々な症状がでてきます。

治療は、温運中陽で、胃腸を温めて脾の機能を高めます。
漢方薬は、人参湯や真武湯などです。



共通テーマ:健康
前の5件 | -