So-net無料ブログ作成

舌に割れ目や裂け目がある「裂紋舌」 [四診]

今日は、「裂紋舌」について書いていきたいと思います。

「裂紋舌」は、舌面にあるひび割れのような裂け目や溝のある舌のことをいいます。
今日は、その裂紋舌の主な二つのタイプを見ていきたいと思います。

shita_brush.png

1、舌の色が濃くて赤いタイプ

舌の色が濃くて赤い場合は、熱極傷陰といって熱邪が盛んになったため、
体の水分が消耗され、舌に裂紋が出ています。
このような人は、体の熱を冷ましながら、陰を増やしていくことが必要です。
辛いもの、脂っこいもの、揚げ物などはますます陰を傷つけてしまいますので避けて、
スイカや梨、ぶどう、梅、キュウリやトマトなどの旬の果物や野菜から水分を補い、
陰を増やしていきましょう。


2、舌の色が薄くて赤いタイプ

舌の色が薄くて赤い場合は、気血両虚といって気虚により栄養の吸収が弱まり、
血虚により血流も悪く、舌全体が潤すことが出来ず、裂紋が出ています。
このような人は、慢性的に胃腸が弱い傾向にあります。
生もの、冷たいもの、味の濃い食べ物は、胃腸の働きに影響するので、
薄味で温かい食べ物を食べ、胃腸を立て直していきましょう。
また、ダイエット、朝食抜き、偏食はますます気血が不足するので避けて、
間食はなつめ、レーズン、ナッツなどの自然の甘みを楽しみましょう。