So-net無料ブログ作成
検索選択

しょうが湯が効く風邪は? [養生法]

ぐっと寒くなり、風邪をひきやすい季節になってきました。

vegetable_syouga.png

「風邪にはしょうが湯が効く」とよく言われていますが、
飲む時に注意した方が良いことがあります。
それは、しょうが湯を飲んだ方が良い風邪は、風寒の風邪です。
風寒の風邪はどんな症状かといいますと、
強い悪寒、軽い発熱、汗が出ない、頭痛、関節痛、薄くて透明の鼻水などです。
このような症状が出た時は、黒砂糖入りのお湯におろしたしょうがを入れて飲むと、
軽い風邪ならすぐに治ることがあります。

しかし、風熱の風邪の場合は、しょうが湯を飲むと逆に悪化してしまうことがあります。
風熱の症状は、高熱、悪寒は強くない、口が渇く、のどの痛み、濃くて黄色い鼻水などです。
風熱の風邪は、すでに熱がありますので、温める作用のしょうが湯を飲むと、
ますます熱が上がってしまう可能性があります。
その場合は、しょうが湯ではなく、熱を冷ます作用のある菊花茶の方が良いでしょう。



共通テーマ:健康