So-net無料ブログ作成

夏バテ予防の漢方「清暑益気湯」 [漢方薬の話]

今日も、お店がある横浜の妙蓮寺は30℃を超える暑さでした。

natsubate_businessman.png

夏は、暑さによって、体内の気が消耗しやすいです。
また、汗と同時に陰(水分)が奪われていきます。
それでも、胃腸が丈夫であれば、食べ物から栄養を補充できるので良いのですが、
元々、胃腸が良くない方は栄養を取り込めず、夏バテしやすくなります。

そこで、夏バテ・夏痩せの予防に良いと言われているのが、
清暑益気湯という漢方です。
清暑益気湯は、夏に奪われやすい「気」と「陰」を補う生薬が入っています。
黄柏という熱を冷ます生薬も一味入っているため、
普段は「補中益気湯」で、夏の間は「清暑益気湯」に代える方もいらっしゃいます。

ですが、もちろん「清暑益気湯」だけが夏バテの漢方薬ではありません。
その方の体質に合った漢方薬を当店ではおすすめしています。
毎年、夏バテになってしまう方は、漢方で予防されてみてはいかがでしょうか。