So-net無料ブログ作成

吐く息が多く吸う息が少ない 、息切れなど [症状から分析]

今日は寒いですが、青空が広がり春の陽気も少しだけ感じる横浜です。

さて、今日は、症状から証を分析したいと思います。

【症状】

●吐く息が多く、吸う息が少ない
●息切れ、息苦しい
●少し動くと汗が出やすい
●低く怯えたような声
●精神的な疲労

roujin_ikigire_woman.png

腎不納気(肺腎気虚)

慢性の咳や肉体疲労などによって、肺気虚と腎気虚が合わさった状態です。
腎気虚のため、気が戻らず吐く息が多く吸う息が少なくなります。
そのため、息切れがしやすく、動くとひどくなります。
肺気虚のため、体のバリア機能である衛気が弱まり汗が出やすくなります。
また、声も低く怯えたようになり、精神的な疲労も起こりやすくなります。

治法は「補腎納気」で、漢方薬は「味麦地黄丸」などを使います。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:健康