So-net無料ブログ作成

口渇(口の渇き)について [中医学]

今日は、口渇について中医学的に見ていきたいと思います。
中医学では問診の時に「口の渇きはあるか、ないか」ということをよく聞きます。

natsubate_necchusyou_yobou.png

口渇がない場合
・津液(体の水分)が損傷されていない
・寒証もしくは熱邪がない


口渇があって、水を多く飲む場合
・津液(体の水分)がひどく損傷されている
・実熱証か消渇病(糖尿病)の可能性がある


口渇があるが、水をあまり多く飲めない場合
・軽度の津液損傷か津液の輸布障害
・陰虚、湿熱、痰飲、瘀血のうちどれかの可能性がある



共通テーマ:健康

「胃熱」と「胃陰虚」の違い [中医学]

前回、胃陰虚について少し触れました。
今回は、証の鑑別が難しい「胃熱」と「胃陰虚」について書いていきたいと思います。

「胃熱」と「胃陰虚」は症状が似ているようで微妙に違いますので、
それぞれの違いを鑑別のポイントにすると良いと思います。

syokuji_kasyokusyou.png

胃熱

・胃に焼けるような痛みが出る(食べると痛みが増す)
・胸焼け
・食べてもすぐに空腹になる
・食べると酢っぽい水や苦い水を吐く
・歯茎の腫れ、痛み、出血
・舌は紅く、苔が黄色い

胃陰虚

・胃に軽い痛み
・胃の膨満感
・空腹感はあるが食欲はない
・吐き気を催すが吐けない
・口や舌の乾燥
・大便の乾燥
・舌は紅く乾燥していて、苔が少ない


胃熱は実証であるので、胃腸の熱邪をさまし取り除く治療をし、
胃陰虚は虚証であるので、胃腸の陰液を滋養し回復させる治療をします。




共通テーマ:健康

舌の表面がツルツル「光滑舌(鏡面舌)」 [四診]

今日は、 光滑舌 について見ていきたいと思います。

mirror.png

光滑舌は、舌の表面に苔が全然なく、ツルツルしている状態の舌のことを言います。
まるで鏡のように光っている様から鏡面舌とも呼ばれます。

このような舌の時は、主に胃の陰(水分)が枯渇して、胃気が損傷していることを表しています。
胃気が損傷すると、消化吸収や栄養代謝が悪くなって、全身が衰弱してきます。

光滑舌で舌色が赤く乾燥している場合は、胃陰虚を表しており、
舌の色が淡く湿潤している場合は、気血がとても虚していることを表しています。

光滑舌は、重病な場合の時に見られることもありますので、早く診てもらって胃腸の状態を良くし、
胃陰を補う治療を始めることが大事です。



共通テーマ:健康