So-net無料ブログ作成

湿邪の性質と効果的な食べ物 [中医学]

中医学で今の季節は「長夏」といって、湿邪が身体に侵入しやすいです。

湿邪の特徴は、重濁粘滞といって重くベタベタしている性質を持っています。
そのために今の季節は、身体が重だるい、頭が重い、目やにが出来やすい、
軟便、帯下病、尿が濁りやすいと言った症状が出やすいです。

また、湿邪の病気は長引きやすく再発しやすいと言われています。
したがって、湿疹や水虫などは梅雨の時季になりやすく、治りづらいです。

_ajisai.png

湿邪を取り除くためには、利尿作用を持ち、体内の湿気を取る作用のある食べ物を
食べるのが効果的です。

例えば・・・
とうもろこし、はと麦、小豆、黒豆、大豆、そら豆、春雨、あさり、はまぐり、冬瓜、きゅうり、
すもも、金針菜、陳皮(みかんの皮) などです。

逆に、この季節に控えたい食べ物は、冷たい飲み物、チョコや生クリームなどの甘いもの、
お煎餅やもちなどです。
みずみずしい果物も出てくる時期ですが、果物は水分と糖分を多く含みますので、
食べすぎないようにしましょう。



共通テーマ:健康