So-net無料ブログ作成

手足や全身の冷え、暖めると痛みがましになる [症状から分析]

今日は、症状から証を分析していきたいと思います。


【症状】

・手足や少腹部の疼痛
・手足や全身の冷え
・暖めると痛みがましになる
・肌色が暗い紫色
・生理が遅れがち
・生理の血の色が暗く、塊がある
・舌は淡くて暗い色
・舌の苔は白色

sotomawari_samui_woman.png

寒客血脈証(血寒証)

寒い日に風に当たったり、冷たいものを食べたり、薄着でいたりするなど、
寒邪を感受しやすい状況にいると、やがて体内にも寒邪が入ってきます。
特に血脈に入り込むと、血行の流れが悪くなり、瘀血が形成されます。

治療は温経活血で、漢方薬は当帰四逆湯、温経湯などを用います。



共通テーマ:健康

かぜは、ひきはじめのひきはじめ [漢方薬の話]

今日、新聞にクラシエの葛根湯の広告が載っていました。
そこに書かれていたのが「かぜは、“ひきはじめ”よりも前に対処する」でした。
また、「からだがゾクゾクする、鼻やのどがいつもと違う・・・
ちょっとしたからだの違和感・・・それこそがかぜの“ひきはじめのひきはじめ”です」
とも書かれていました。

これは、葛根湯の使い方をよく表していると思います。
今まで葛根湯は「風邪には葛根湯」というキャッチフレーズが独り歩きして、
すべての風邪に効くようなイメージを持たれていました。

mask_kafun_woman.png

しかし、葛根湯は風邪の初期(ひいてから半日くらいのイメージ)、
そして風寒型の風邪(寒気、首筋のこり、薄い鼻水など)に効くのであって、
風邪をひいてから時間が経過して、風熱型の風邪(発熱、喉の痛み、黄色い鼻水など)
には飲んでしまうと悪化してしまう可能性があるのです。
なので、この広告を見て、少しでも葛根湯の正しい使い方が広まればいいなと思いました。

ただし、葛根湯は体力に乏しい方や胃腸の弱い方(虚証)は、
麻黄の生薬が体に障る場合があります。
私(虚証)は、葛根湯を飲むと心拍数が上がる感じがして苦手です…。
そういう虚証の人の風邪のひきはじめは、桂枝湯や参蘇飲などの方が良いです。
これらの漢方は、不足している気を補いながら、邪気を除去する働きがあります。

・・・というように、一口に風邪といっても、時期や体質によって対処が違ってきます。
でも、自分に合う風邪の漢方を知っていたら、こじらせることなく早めに治ることが多いです。



共通テーマ:健康

寒くなると便秘になる [中医学]

寒さが厳しくなってきましたが、体調を崩されていませんか。
今日は寒くなると便秘になる症状について中医学的に見ていきたいと思います。

benpi_geri_woman.png

元々、臓腑機能が低下したことにより体が冷えている陽虚の人は
外からの邪気を受けやすいです。
今の季節では寒邪を受けやすく、それによって体を温める陽気も不足します。
陽気は腸の蠕動運動を促進しますが、それが弱いために排便機能も低下して
便秘になります。

このような陽虚の人の便秘には、市販で多く出回っている大黄が入っている便秘薬は
ますます冷えを助長させることがあるのでおすすめできません。
陽虚の人は腎が虚していることが多いので、その場合は八味地黄丸など
腎陽を補いながら体質を改善していくと、便秘も少しずつ良くなってきます。

また、体を冷やさないこと、腎の機能を助ける黒色の食品(黒豆、黒米、黒きくらげ、
わかめ、こんぶ、のり、ひじきなど)やぬるぬるした食品(納豆、山芋など)を食べる、
ストレッチやウォーキングなど無理のない運動をして気を動かすことも大事です。



共通テーマ:健康