So-net無料ブログ作成
検索選択

陽虚証とは [中医学]

寒さが一段と厳しくなってきました。
このような季節が一番辛い方は陽虚証の方が多いです。
今日は、いま一度「陽虚証」とはどういう体質なのか見ていきたいと思います。

yukiusagi.png

陽虚とは、臓腑の機能が低下したことにより現れる「気虚」から一歩進んで、
さらに体の冷えや痛みの症状が現れる体質のことを言います。

一般的な症状は・・・

・手足や体の冷え
・寒がり
・温暖を好み、寒冷を嫌う
・関節、腰の冷えと痛み
・生理痛
・疲れやすい
・下痢しやすい
・頻尿、尿漏れ
・元気がなく、声が小さい

などです。

陽虚の方は体を温める力が弱いので、それを補う食品を食べると良いです。
例えば、くるみ、えび、さけ、あじ、うなぎ、鶏肉、栗、かぼちゃ、桃、
唐辛子、しょうが、こしょう、シナモン、黒砂糖などです。

また、体温を作り出すのは主に筋肉なので、筋トレを行なうことは効果的です。
特に、下半身を鍛えるスクワットや四股、蹲踞(そんきょ)はオススメです。
私も毎日、四股&蹲踞で鍛えています( ´ー`)



共通テーマ:健康

寒さと顔面神経麻痺 [中医学]

寒くなって顔の片方の目や口がゆがむといった顔面神経麻痺の症状が出る方がいます。
寒さと顔面神経麻痺は一見関係がないように思いますが、
中医学では両者には深い関係があると考えます。

それは、寒くなると風寒の邪気の侵入を受けやすくなるからです。
風寒の邪気は上部から侵入しやすく、頭痛になることも多いですが、
それが顔面の経絡に入り込むと、気血の流れが滞り、筋を養うことが出来ず、
目や口がゆがむといった症状が出るのです。

samui_woman.png

治療法は、疏風散寒通絡で、風寒の邪気を発散させて外へ出させて、
ふさがれた経絡を通じさせます(鍼灸治療もおすすめ)。

顔面神経麻痺は、風寒だけが原因ではありませんが、
ストレスなど体が弱っているときに外邪に侵入されやすく起きやすいので、
日頃からリラックスすることを心がけたり、飲食のバランスを考えた食事を摂る
などの養生法が予防になります。



共通テーマ:健康

今年も健やかな年になりますように [養生法]

あけましておめでとうございます。
皆さま、健やかに新年を迎えられたでしょうか。

昨年から実践しているのですが、
なるべく歩くことを今年も心懸けたいと思っています。
中医学では、歩くことは全身の気を巡らすと考えられていて推奨されています。

walking5_woman.png

そして、歩く時のポイントは何も考えないこと
1日5000歩とか3kmとか目標を定めずに、何も考えないでのんびりと歩き、
ときどきは立ち止まったり、季節の花を観たり、風を感じたりして、
のびのびと自在に散歩するのが良いとされています。

まだまだ寒さが厳しい1月ですが、少しずつ春に向かって暖かな日も増えてきますので、
そういう日は外に出て、何も考えずにぶらぶら散歩されてみてはいかがでしょうか。
からだも健康になりますし、こころも朗らかな気持ちになりますよ。




共通テーマ:健康