So-net無料ブログ作成
検索選択

漢方薬は長く飲まないと効かないの? [漢方薬の話]

漢方についてよくある質問に「漢方薬は長く飲まないと効かないの?」があります。

medical_syohousen.png

これは、病気の種類や期間、程度によって変わってきます。
例えば、軽い風邪や一過性の胃もたれ・胸焼けなど急性の症状では、
自分の証に合う漢方薬を飲めば、すぐに効果が表れることも多いです。

しかし、慢性の病気では病気に罹った期間も長く、短い服用で治ることは難しいです
(なかには、証がぴたりと合い、すぐに効果が出ることもあります)。
また、慢性の病気は、漢方薬に頼るだけではなくて、生活習慣の改善や養生と共に
地道に治していくことも大事になってきます。

一般的には、始めは2週間~1カ月くらい服用して、様子を見ることが多いです。
それで良くなるような兆しが無かったり、飲んで悪化してしまった場合は、
証に合っていない可能性が高いです。
その時はまた改めて診断してもらって、新たな薬に替えてもらった方が良いでしょう。