So-net無料ブログ作成
検索選択

深い呼吸の大切さ [健康法]

今日は、5月9日で5(こ)9(きゅう)、呼吸の日だそうです。

中医学ではを重要視します。
気は、生命の本質的な物質であり、先天の精、後天の精の源であると
考えられています。
その気を動かすのが呼吸の働きです。
現代の日本では、ストレスなどが原因で呼吸が浅くなりがちです。
それによって、気の栄養を十分に取りこめず気虚の方が増えています。

fukushikikokyu_isu_woman.png

呼吸で大切なのは、まず息を吐ききることです。
気が集まるとされる丹田(おへその5cm下)にある空気を全部
からだの外へ出すように、ふぅーっと長い息で吐ききります。
それが終わると今度は自然に任せて吸います。これを繰り返します。
できれば、吐くときは体の中の悪い気が外へ出ていくイメージで、
吸うときは新鮮な良い気が身体の中に入ってくるイメージをするとより効果的です。

深い呼吸を続けていくと、血の巡りが良くなり身体が温まってくるので
特に冷え症の方は日課にすると良いでしょう。
また、深呼吸をすると落ち着くように、深い呼吸は精神面にも作用するので、
ストレスや不安感を抱えている方にもおすすめです。



共通テーマ:健康