So-net無料ブログ作成
検索選択
中医学 ブログトップ
前の5件 | -

内傷頭痛について [中医学]

今日は、前回の頭痛の続きで内傷頭痛について見ていきたいと思います。


nayamu_girl.png


腎虚頭痛
痛みの強くない頭痛。
めまい、耳鳴り、腰痛、足腰がだるい、手足の冷えなどを伴う。
【治方】養陰補腎
【漢方薬】八味地黄丸 杞菊地黄丸


血虚頭痛
痛みの強くない頭痛。
めまいがして頭がふらつく。動悸、精神不安などを伴う。
【治方】養血
【漢方薬】四物湯 人参養栄湯


肝火頭痛
偏頭痛に多い。
めまい、イライラ、怒りっぽい、不眠、胸や脇の張りなどを伴う。
【治方】平肝潜陽
【漢方薬】天麻釣藤飲 竜胆瀉肝湯


痰濁頭痛
しつこくて長引く頭痛。
身体が重だるい、めまい、胸焼け、嘔吐などを伴う。
【治方】化痰降逆
【漢方薬】半夏白朮天麻湯


瘀血頭痛
痛みが固定していて、刺すように痛い。
肩こり、顔のしみ、目のくまなどを伴い、頭部に外傷を受けたことが原因になることも。
【治方】活血化瘀
【漢方薬】通竅活血湯 桂枝茯苓丸


中医学では頭痛は頭だけに着目するのではなく、
身体全体の症状を見て治療法を考えます。
したがって、証が合えば頭痛と一緒に他の症状も良くなることも多いです。


共通テーマ:健康

外感頭痛について [中医学]

また先週末に中医学の勉強会に行ってきました。
今回は頭痛の話でした。
それで今日から頭痛について中医学的な視点で書いていきたいと思います。


virus_zutsuu.png


中医学で頭痛は外感内傷の2つに分かれます。
外感の頭痛は外邪(特に風邪)を受けて発病し、
急性で痛みが激しく、断続的な痛みが起こりやすいです。
内傷の頭痛は、発病は緩やかで痛みも弱めで、
疲れると激しくなったり時間が経つと良くなったりします。

今日は、外感の頭痛について見ていきたいと思います。


風寒頭痛
痛みが強く、首から後背部にかけて筋肉がこわばったり、関節が痛むことがある。
冷たい風に当たると激しくなる。
【治方】
疏散風寒 
【漢方薬】
川芎茶調散 呉茱萸湯


風熱頭痛
頭が張るような痛みで、酷ければ頭が裂けるように痛む。
発熱、目の充血、口渇、便秘などを伴う。
【治方】
疏風清熱 
【漢方薬】
荊芥連翹湯 銀翹散


風湿頭痛
頭が縛られるような痛み。
体が重だるく、食欲不振、胸焼け、軟便、下痢などを伴う。
【治方】
去風勝湿 
【漢方薬】
藿香正気散


次回は、内傷頭痛について見ていきたいと思います。



共通テーマ:健康

風邪で舌の苔が厚くなったら… [中医学]

先日、風邪を少しひいたときに舌を見ると、普段よりも苔が厚くなっていました。
今日は、その舌につく厚い苔について見ていきたいと思います。

nekojita.png

舌の苔は、正常な時でも見られます。
健康な人の苔は薄くて、苔を透してうっすらと舌の色が見えます。
しかし、その苔が厚くなりびっしりとへばりつくようになると、
病邪は表から裏(体表から体内へ)に移り、病状も悪化していくことが多いです。

風邪になって舌の苔が厚くなったときは、痰湿が絡んでいることが多いので、
消化のいいものを食べた方が良いです。
私も苔が厚くなるにしたがって、調子が悪くなっていきましたが、
消化のいいものをひたすら食べて胃腸を良くする漢方薬を飲んでいたら
段々と苔が薄くなっていき、治りました。

ただし、風邪の場合だけ厚い苔になるのは治りが早いですが、
長年にわたって厚い苔の舌の方は、病邪が深く治りにくくなっています。
その場合は、根本的な原因を探して、じっくりと治療に取り組むことが大事で、
中医学では、それを「本治」と言います。



共通テーマ:健康

半表半裏 [中医学]

今日は、半表半裏(はんぴょうはんり)について見ていきたいと思います。

toubyou_punch.png

ウイルスなどの邪気が入ってきた時、体では正気と邪気の争いが行われます。
時間が経つにつれて、邪気は体の表面から内側へと入っていきます。
その過程でみられる症状が「半表半裏」です。

具体的な症状としては・・・

・寒熱往来(悪寒と発熱が交互にくる)
・胸や脇が張る
・口が苦い
・口やのどが乾燥する
・食欲減退
・悪心
・イライラする

などが見られます。

半表半裏の代表的な漢方薬は、小柴胡湯です。
適切な時期に飲めば、邪気がさらに中へと入っていくのを防ぐことができます。



共通テーマ:健康

陽虚証とは [中医学]

寒さが一段と厳しくなってきました。
このような季節が一番辛い方は陽虚証の方が多いです。
今日は、いま一度「陽虚証」とはどういう体質なのか見ていきたいと思います。

yukiusagi.png

陽虚とは、臓腑の機能が低下したことにより現れる「気虚」から一歩進んで、
さらに体の冷えや痛みの症状が現れる体質のことを言います。

一般的な症状は・・・

・手足や体の冷え
・寒がり
・温暖を好み、寒冷を嫌う
・関節、腰の冷えと痛み
・生理痛
・疲れやすい
・下痢しやすい
・頻尿、尿漏れ
・元気がなく、声が小さい

などです。

陽虚の方は体を温める力が弱いので、それを補う食品を食べると良いです。
例えば、くるみ、えび、さけ、あじ、うなぎ、鶏肉、栗、かぼちゃ、桃、
唐辛子、しょうが、こしょう、シナモン、黒砂糖などです。

また、体温を作り出すのは主に筋肉なので、筋トレを行なうことは効果的です。
特に、下半身を鍛えるスクワットや四股、蹲踞(そんきょ)はオススメです。
私も毎日、四股&蹲踞で鍛えています( ´ー`)



共通テーマ:健康
前の5件 | - 中医学 ブログトップ