So-net無料ブログ作成

秋バテしていませんか? [養生法]

日中はまだ暑い時もありますが、朝晩はめっきり涼しくなってきました。
秋が少しずつ進んでいるようですね。
毎年、夏バテをされていた方が「漢方を飲んで、今年は元気に過ごせました」
といったお話を聞くと、本当に嬉しく思います。

kouyou_cat.png

そして、最近のお悩みで多いのが、だるい、疲れが取れないといった症状で、
いわゆる「秋バテ」のようです。
秋バテとは、夏にクーラーが効いた部屋に長時間いたり、
ジュースなどの冷たい飲み物、アイスなどの冷たい食べ物を摂り過ぎたなど
が原因で秋に起こるからだの不調のことです。

秋バテになるのは、元々胃腸の働きが良くない方や冷えている方が多いので、
胃腸の働きを良くする漢方薬や冷えを改善する漢方薬をおすすめしています。
また、秋バテの改善には日頃の運動も大切になってくるので、
お家で簡単にできる運動などもお伝えしています。




お肌しっとり「絹のしずく風呂」 [養生法]

毎月26日は、語呂合わせから「風呂の日」らしいですね♪

そこで、今日のおすすめの商品はこちら↓

きぬ.jpg

「絹のしずく風呂」の入浴剤と石鹸です。

絹の生産にたずさわる人たちは、美しくてつややかな手をしているそうです。
それは、蚕の繭(まゆ)に含まれるセリシンはタンパク質の一種で、
人の皮膚とよく似ているからだそうです。

絹から生まれたセリシンと、美肌のハーブとして知られるハトムギから抽出したオイル。
「絹のしずく風呂」はこの2つの成分を配合した入浴剤です。
お湯に入れるとシルキーホワイトに変わり、乳液のように全身がしっとり。
うるおいのベールが肌を包み込み、お風呂上がりはなめらかでスベスベです。
デリケートな肌にもやさしい無香料・無着色の入浴剤です。

これからの季節はお肌が乾燥しやすいので、「絹のしずく風呂」をおすすめします♪




夏バテ予防に、温かい食べ物を [養生法]

8月も後半に差し掛かり、夏バテされている方も多くなってきました。

food_soumen.png

暑くなると、ビールやジュースなどの冷たい飲み物、
アイスやかき氷などの冷たい食べ物を食べる機会が多くなります。
また、そうめんや冷やしうどんなど、冷たくてさっぱりしたものばかりを食べがちです。

冷たいものばかりを食べていると、中医学でいう「脾胃」の働きが悪くなり、
食べ物の消化吸収が上手くできなくなってきます。
また、さっぱりしたものばかりを食べていると、栄養不足が起こりやすくなり、
気(からだのエネルギー)も不足して、ますます元気がなくなります。

夏バテ予防には、飲み物は常温で、食事は火を通した温かい食べ物を
食べるように心がけたいですね。

resize1100.jpg

私も今日は、しょうが入りの温かい鶏団子スープを作りました♪


湿邪の季節 [養生法]

梅雨入りした地域が多くなってきました。
中医学で今の季節は「長夏」といって、湿邪に侵されやすいと言われています。

_ajisai_katatsumuri.png

湿邪の特徴は・・・

1、下半身に症状が出やすい
湿は重く下に向かう傾向があり、それによって下肢のむくみ、下痢、尿が濁る、
おりものが増えるなど、下半身に症状が出やすいです。

2、治りにくく、再発しやすい
湿邪は、重濁粘滞の性質があり、ベタベタしていて一旦なると治りにくく、
再発しやすいです。例えば、湿疹や水虫などです。


湿邪に侵されないようにするには、これは梅雨の時季に限らないのですが、
食べすぎ、飲みすぎに注意することです。
湿気が多い時期は、いつもより消化吸収が悪くなりやすいので、
脂っこいものや甘いもの、おせんべい・もちなどを食べすぎないようにしましょう。
海藻やきのこ、根菜などを中心に食べ、烏龍茶やはと麦茶、トウモロコシのひげ茶
など水分を外に出してくれるお茶を常飲すると良いでしょう。


疲れている時にお灸 [養生法]

4月に入って新生活が始まり疲れがたまっている方も多いと思います。
そんな方におすすめしたいのがお灸です。
疲れが出ると気の出入り口であるツボにも不調が表れます。
そのツボをお灸で刺激することで気の巡りを良くし、体を元気にします。

building_harikyuu.png

体が疲れている時は胃腸の働きが弱くなっている時が多いので、
胃腸の働きを活発にする「足三里」と胃腸の調子を整える「中脘」のツボ
にお灸をすえるのがおすすめです。
また、慢性的な疲労には気の巡りを良くする「湧泉」のツボも良いです。

鍼灸院で専門家にやってもらうのが効果的ですが、
時間のない方はせんねん灸など手軽に使える簡易灸がありますので、
毎日1~3か所のお灸から始めてみてはいかがでしょうか。
(疲れのひどい時や微熱がある時、のぼせている時はやめておきましょう)