So-net無料ブログ作成
検索選択

しょうが湯が効く風邪は? [養生法]

ぐっと寒くなり、風邪をひきやすい季節になってきました。

vegetable_syouga.png

「風邪にはしょうが湯が効く」とよく言われていますが、
飲む時に注意した方が良いことがあります。
それは、しょうが湯を飲んだ方が良い風邪は、風寒の風邪です。
風寒の風邪はどんな症状かといいますと、
強い悪寒、軽い発熱、汗が出ない、頭痛、関節痛、薄くて透明の鼻水などです。
このような症状が出た時は、黒砂糖入りのお湯におろしたしょうがを入れて飲むと、
軽い風邪ならすぐに治ることがあります。

しかし、風熱の風邪の場合は、しょうが湯を飲むと逆に悪化してしまうことがあります。
風熱の症状は、高熱、悪寒は強くない、口が渇く、のどの痛み、濃くて黄色い鼻水などです。
風熱の風邪は、すでに熱がありますので、温める作用のしょうが湯を飲むと、
ますます熱が上がってしまう可能性があります。
その場合は、しょうが湯ではなく、熱を冷ます作用のある菊花茶の方が良いでしょう。



共通テーマ:健康

生理時の養生法 [養生法]

今日は、生理時の養生法について中医学的に見ていきたいと思います。

koudou_woman.png

1、清潔に保つこと
  生理時は、いつもより外邪の侵入を受けやすいので、体を清潔に保つことが大事です。

2、十分な休養をとること
  生理時は、血が不足気味で血が不足すると気も不足し、体のエネルギーも少なくなります。
  ジムなどで体を動かす方も、生理期間は休んだりヨガなどの軽い運動にしておく方が良いでしょう。

3、外邪の侵入を防ぐこと
  特に、身体を冷やすことは生理痛の大きな原因になるので、
  暖かい格好をしたり、寒いところに長時間いないようにしましょう。

4、節度ある食事を心がけること
  生理中に辛いもの、味の濃いもの、脂っこいものを過度に食べると、
  陰血が消耗し、虚熱が生じる原因となります。
  また、冷たいものや生ものを食べると、血行が悪くなり、血を滞らせる原因になりますので、
  控えめにしましょう。

5、心をリラックスさせること
  生理中は、血が不足したり滞ったりして、気の巡りも悪くなり、それが生理痛の原因
  になりますので、ストレスや過度の感情を持つことはなるべく避けるようにして、
  音楽を聴いたり自然に触れたりして、心と体をリラックスさせましょう。




共通テーマ:健康

自分なりのリラックス方法を [養生法]

中医学では、心と体は密接につながっていると考えます。

例えば、花や音楽を愛でることは憂鬱の解消に役立つと言われています。
特に、音楽は様々な種類があるので、
楽しい気分になりたい時ははっきりとしたリズムのある音楽を、
穏やかな気分になりたい時はのびやかで朗々とした音楽を、
誇り高い気分になりたい時は壮大で厳かな音楽を聴くとよいと言われています。

music_ongaku_kansyou.png

音楽だけではなく、演劇、舞踊、絵画、彫刻、書道などの芸術をたしなむことは、
精神を調和させて病気を治療する作用があると言われています。
また、旅行で雄大な景色を見たり風光明媚な場所に行くと、
心は広々として爽やかな気分になり感情も和らぐので、心にも体にも良いと言われています。

とかく春は忙しく、緊張や焦り、不安感を持ちやすい季節でもあるので、
自分なりのリラックス方法を持っていると安心かもしれませんね。



共通テーマ:健康

春は肝が高ぶる季節 [養生法]

まだダウンコートにマフラー、手袋をしなくてはいけない寒い日もありますが、
上着もいらない春のような暖かい日差しが降り注ぐ日も出てきました。

bird_uguisu.png

春は、五行でいうと、五臓で言うとになります。
木の芽が出たり、花が咲き誇る春は、肝の代謝が高まる季節でもあります。
肝は、自律神経や精神活動と密接なため、環境が変わることが多い春は
ストレスの影響で情緒が不安定になりやすいです。

古くからの養生法にあるとおり、春はゆったりとした服を着て、髪を結ばず、
ゆっくりと緑の中を散歩するなど、無理をせずリラックスした時間を持ちましょう。

また、肝は、酸味と結びついているため、イライラしたり怒りっぽくなった時には、
レモンや梅、酢のものを食べたり(食べ過ぎると胃を傷めやすいので適量に)、
オレンジスイート、グレープフルーツ、ベルガモットなど柑橘系のアロマの香りを
嗅ぐとよいでしょう。







共通テーマ:健康

冷えからくる肌のくすみ [養生法]

今日は、冷えからくる肌のくすみについて書きたいと思います。

くすみの原因は様々ありますが、
中医学では血流の悪さが大きく関係していると考えられています。
血流が滞ると、肌は透明感を失い、乾燥して、色が黄ばんだり黒ずんだりします。
逆に、血流の良い肌は、透明感のあるピンク色をしています。

biyou_tsurutsuru.png

今の時期は、冷えで血流が悪くなり、肌がとてもくすみやすい状態です。
また、女性は生理前も血流が滞りやすいので、肌がくすんだりニキビが出やすいです。

体が冷えて肌がくすみやすい方は、血の巡りを良くしてくれて生殖器の働きを高める
「三陰交」にお灸をすると良いです。
加えて、レバーやひじき、プルーン、黒ごま、黒豆など血を増やす食べ物や、
にら、にんにく、シナモン、ラッキョウなどの身体を温め、新陳代謝を活発にする
食べ物がおすすめです。




共通テーマ:健康