So-net無料ブログ作成

切診とは? [四診]

今日は、四診のなかの「切診」についてです。

「切診」は、脈診と按診の二つがあります。

どちらも、医師の手を使って身体に触れて診察します。
この行為は、薬剤師・登録販売者には認められていないので、
医師がいない漢方薬局ではこの「切診」での診察は行えません。


まず、「脈診」についてですが・・・

脈は、気血・臓腑と密接な関係があります。
ですので、気血や臓腑に異常があれば、脈も影響を受け変化が見られます。
例えば、熱が盛んな時は気血の運行が早くなり、脈も速くなって有力になります。
逆に、寒くて気が滞っていると、脈の運行も遅くなり無力になります。

「脈診」は、脈の拍数・勢い・リズム、脈管の硬さなどから診断します。
臨床経験の豊富な医師では、28種類の病脈を見分けることが出来ます。


次に、「按診」ですが・・・

皮膚、四肢、胸部、腹部などを触診し、
熱を持っているか冷たいか、潤っているか乾燥しているか、張り具合はどうか、
疼痛があるか、緊張はあるかなどの反応を調べ、そこから診断します。


・・・という訳で、4回にわたって「四診」を書いてきました。
西洋医学に慣れていたら、「関係ないところを、そこまで詳しく診察するの?」と、
違和感や驚きを感じる診察法かもしれません。
でも、身体を部品として見ず、一つの有機体として見る「整体観念」が基礎の中医学では、
この「四診」は自然で理にかなった診察方法なのです。


やさしい中医学入門

やさしい中医学入門

  • 作者: 関口 善太
  • 出版社/メーカー: 東洋学術出版社
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:健康

望診とは? [四診]

今日は、四診のうちの「望診」について書きたいと思います。

全身や目などの局部、分泌物などを観察して、疾病の具合や変化を診断することを
中医学では「望診」と言います。


「望診」の中でも最も重要なのは、患者の生命力と精神状態を見る「望神」です。
特に、それは目(眼光)に表れるので重視します。
神(生命力)が満ちている時は、目が明るくて精彩があり、顔色も良く、表情が自然です。
逆に衰えている場合は、目が暗く、顔色も悪く、表情も淡泊なります。

また、「望診」で忘れてならないのが、「舌診」です。
舌は、臓器の状態が表れると中医学では考えられており、
舌の色や形・苔の状態などから身体の内部の状態を診断します。


ということで、「望診」は顔や舌などをじっくり観察しますので、
診察に行かれる前には、濃い化粧はなるべくせず自然な顔色で、
また舌に色がつく食物(カレーやコーヒーなど)を食べるのは控えるようにしましょう。


顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本

顔をみれば病気がわかる―隠れた不調を自分でチェックできる本

  • 作者: 猪越 恭也
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • 発売日: 2004/06
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ:健康

聞診とは? [四診]

今日は、四診のなかの「聞診」についてです。

「聞診」には、音声を聞くと臭いをかぐの二つがあります。

まず、「音声を聞く」とはどんなことかと言いますと・・・

○発声を聞く・・・発声が自然か、音調が伸びやかか、声の大きさや音声の濁りはどうか
○言葉・・・言葉数は多いか少ないか、言葉の速さ、言語がはっきりしているか
○呼吸・・・呼吸の速さ、呼吸音の高さ、呼吸の音声、
○しゃっくり、げっぷ、嘔吐、ため息、くしゃみ、腹部などの音を聞く


次に、「臭いをかぐ」についてですが・・・

○口臭
○汗
○鼻
○身体(身体の臭気、痰涎、大小便、女性の月経・帯下など)
○病室のにおい


といったことです。
例えば、発声が高くて有力な人は体に気が満ちているということが分かります。
逆に、発声が小さくて低くとぎれとぎれに話す人は気が不足していることが分かります。

臭いについは、実際に診察で嗅がれるということはあまり無いですが、
問診票の質問で問われることもあります。
これも大事な診断材料ですから、恥ずかしがらずに正直に書くようにしましょう。


女性の不調にやさしく効く!漢方バイブル (日経BPムック 日経ヘルス別冊)

女性の不調にやさしく効く!漢方バイブル (日経BPムック 日経ヘルス別冊)

  • 作者: 日経ヘルス編集部
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2008/11/06
  • メディア: 大型本



nice!(0) 
共通テーマ:健康

問診とは? [四診]

それでは、今日は四診のうちの「問診」について書いていきたいと思います。

西洋医学でも、問診は必ずありますね。
例えば、どのように病気が始まったか?、現在はどんな感じなのか?、
今まで受けた治療はどのようなものだったか?・・・などを聞かれると思います。

中医学では、それだけではなく、もっと詳しく深く聞かれることが多いです。
例えば、以下のようなことを聞かれます。


一般状況・・・職業(職業病の可能性を探る)、居住地(地方病の可能性を探る)
生活習慣・・・飲食嗜好(偏食などから病気の可能性を探る)
         ストレス・悩みの有無(七情内傷の記事を参照)
現在の症状・・・寒いか暑いか、汗はかくかかかないか、口は渇くか渇かないか、
         食欲はあるかないか、睡眠はどのような感じか・夢は見るか、
         便と尿の回数や量・色、月経の周期・色・量・月経痛の有無など


「こんなことまで聞かれるの?」と思う方も多いかと思います。
私も初めて漢方内科を受診したときは、渡された問診票の項目の多さに驚きました。
この問診は、患者さんの発病の原因などを知る重要な判断材料なので、
関係ないと思うことでも自己判断しないで、先生に話すようにしましょう。


最新処方で体質改善 漢方使いこなし術 (小学館文庫)

最新処方で体質改善 漢方使いこなし術 (小学館文庫)

  • 作者: 花輪 壽彦
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫



nice!(0) 
共通テーマ:健康

漢方の診察とは? [四診]

漢方治療を受けたことがある方は、初めの診察でかなり詳しく症状を聞かれて、
驚いたり戸惑ったりした方は多いのではないでしょうか?
例えば、「身体は冷える方ですか?」とか「便秘or下痢気味ですか?」とか・・・
「○○の症状で来たのに、なんでそんな関係ないことを聞くんだろう???」
と思うことまで聞かれます。

それは、「整体観念」のところで書きましたが、
人間の身体はすべて繋がっていて、身体をひとつの有機体としてみる
これが中医学のベースになっているからなんですね。
なので、悪いところだけを診るのではなく、その症状がどこから来ているのかを
探り当てるために、全身の細かい症状まで聞かれるのです。
だから逆に、「こんなこと関係ないかなぁ?」と思われる些細な症状でも、
先生や薬剤師さんに伝えると、それが診断材料になることも多いのです。

中医学の診察には、「問診」「聞診」「望診」「切診」 の4つの方法があります。
それらを総合して診断します(四診合参と言います)。
また、それぞれの詳しい診断方法は次回で書きたいと思います。


決定版 漢方

決定版 漢方

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新星出版社
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本


こちらの本には、漢方医への受診から漢方薬の利用法まで書かれています。
漢方が初めての人におススメです。



nice!(0) 
共通テーマ:健康