So-net無料ブログ作成
検索選択

お腹が冷えて激しい腹痛に「大建中湯」 [漢方薬の話]


19日(水)に出席した漢方研究会は、大建中湯のお話でした。
今日は、その「大建中湯」について書きたいと思います。

virus_fukutsuu2.png

大建中湯は、お腹が冷えて突然強い腹痛がして、時にムクムクと動く方に向いています。
ムクムクと動くというのは、腸がムクムクと動いてその動き方が頭と手足があるように
上がったり下がったりして、痛くて触ることもできない状態です。

大建中湯は、お腹は軟らかくて力のない場合が多いですが、
反対にお腹がパンパンに張って緊張感がある場合にも用います。
元々、冷えの強い方ででさらに冷えて激しい痛みを訴える方(虚寒)、
冷たい食べ物や冷房などで急に激しい痛みが出た方(実寒)の両方に使えます。
また、お腹にガスがたまって苦しい方にも効果があります。

当店にも、「大建中湯」はございますので、
上記のような症状でお悩みの方はどうぞご相談ください。



共通テーマ:健康

漢方薬にもセミが入っています [生薬の話]

お店がある横浜の妙蓮寺も、数日前からセミが鳴き出しました。

mushi_semi.png

セミといえば、漢方の生薬にあるのをご存知でしょうか。
蝉退(せんたい)というのですが、正確にはセミの抜け殻を細かくしたものです。

効果は、肺の熱による炎症や発熱・頭痛をとったり、
麻疹や風疹、目の充血などを良くします。
漢方薬では、湿疹やじんましんなどに使われる「消風散」に入っています。

漢方薬の生薬は植物が多いですが、中には蝉退のように昆虫もあります。
「初めに試したひとは勇気があるなぁ…」と思うのと同時に、
それがあって今があるのですから、勇気ある先人に感謝ですね。

共通テーマ:健康

夏の皮膚トラブルに…「神仙太乙膏」 [漢方薬の話]

暑くなると、「暑邪」によって皮膚の炎症やかゆみが出るなど、
皮膚のトラブルが多くなります。
また、梅雨が明けても日本は湿度が高いので「湿邪」によって
湿疹が起こりやすくなります。

resize1063.jpg

そういった夏の皮膚のトラブルにおすすめなのが、
塗る漢方薬「神仙太乙膏」です。
「神仙太乙膏」には、かゆみや炎症を鎮める働きの生薬が多く入っています。
ステロイドなどの化合物や化学薬品を使わない100%生薬由来の天然成分なので、
赤ちゃんやお年寄りにも安心してお使いいただけます。

ただし、においがカレーのようなちょっと独特なにおいがするので、
好き嫌いがあると思います。
お店ではお試しができますので、どうぞお気軽にご来店ください。



「漢方カウンセリング がじゅまる」

〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)

営業日:火・水・金・土(祝日除く)
営業時間:10:00~17:00

contact-gr200.png


共通テーマ:健康

「がじゅまる通信」創刊号 [お店のお知らせ]



いつも店先には、お店の紹介のチラシを置いていたのですが、
今日から・・・

resize1061.jpg

「がじゅまる通信」を置く予定です♪

「がじゅまる通信」では、季節に合った養生法やおすすめの漢方薬など、
少しでも漢方を身近に感じていただけるようなことをお伝えしたいと思います。

よろしければ、お手にとってご覧になってください♪
もし店先に在庫がない場合は、お気軽に店員までお声かけください。



共通テーマ:健康

夏バテ予防の漢方「清暑益気湯」 [漢方薬の話]

今日も、お店がある横浜の妙蓮寺は30℃を超える暑さでした。

natsubate_businessman.png

夏は、暑さによって、体内の気が消耗しやすいです。
また、汗と同時に陰(水分)が奪われていきます。
それでも、胃腸が丈夫であれば、食べ物から栄養を補充できるので良いのですが、
元々、胃腸が良くない方は栄養を取り込めず、夏バテしやすくなります。

そこで、夏バテ・夏痩せの予防に良いと言われているのが、
清暑益気湯という漢方です。
清暑益気湯は、夏に奪われやすい「気」と「陰」を補う生薬が入っています。
黄柏という熱を冷ます生薬も一味入っているため、
普段は「補中益気湯」で、夏の間は「清暑益気湯」に代える方もいらっしゃいます。

ですが、もちろん「清暑益気湯」だけが夏バテの漢方薬ではありません。
その方の体質に合った漢方薬を当店ではおすすめしています。
毎年、夏バテになってしまう方は、漢方で予防されてみてはいかがでしょうか。


共通テーマ:健康