So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

インフルエンザにも…「柴葛解肌湯」 [漢方薬の話]

昨日の漢方研究会では、柴葛解肌湯 (さいかつげきとう)を学びました。

kaze_woman.png

今はインフルエンザが流行っていますが、
柴葛解肌湯はインフルエンザに応用される場合が多いです。
症状としては、急激に高熱を出し、頭痛・悪寒・激しい身体痛などを伴い、
食欲がなく、倦怠感も強く、吐き気がある時に用いられます。

よく「インフルエンザに麻黄湯」と言われますが、
麻黄湯はインフルエンザの本当に初期の強い悪寒の時は良いのですが、
熱が出てきて口が渇いたりしてきたら、もう麻黄湯の時期は終わっています。
その場合は、この柴葛解肌湯の方が合う場合が多いです。
特に、インフルエンザなどの強力な病邪は進行が速いので、
柴葛解肌湯がよく使用されています。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/