So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

漢方研究会の修了式と「紫根牡蠣湯」 [漢方薬の話]

昨日は、漢方研究会の修了式でした。
1年間勉強したのですが、知らなかったことも多くてとても勉強になりました。

hyousyoushiki_man.png

最後の講義は、紫根牡蠣湯(しこんぼれいとう)のお話でした。
紫根牡蠣湯は、なかなか治らない皮膚やリンパ腺の頑固な炎症に使われる漢方薬です。
ポイントは、「痛み・しこり・腫れ」があるもので、
具体的には乳腺の痛みや痔、湿疹・皮膚炎などに使用されます。

これからも漢方研究会で勉強したことを、
お店のカウンセリングに活かしていきたいと思います。

「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:健康