So-net無料ブログ作成

風邪をひきやすい方に「玉屏風散」 [漢方薬の話]

晩秋のように冷える日もあれば、夏日を記録する日もあり、
最近は気温のアップダウンで風邪をひかれている方が多いです。

今日は、風邪をひきやすい方におすすめの漢方玉屏風散(ぎょくへいふうさん)
について書いていきたいと思います。

virus_seki.png

中医学では、皮膚の表面には衛気(えき)という気が流れていて、
外邪から身を守っていると考えられています。
その衛気(えき)が不足すると体のバリアが弱まり、風邪をひきやすくなったり、
汗が出やすくなったり、肌がかゆくなったりしやすくなります。
また、温度変化にも順応しにくくなるので、
季節の変わり目に体調を崩しやすくなります。

玉屏風散は、名前に「屏風」と入っているように、
体に必要なものを通し、入ってはいけないものを食い止める働きがあります。
黄耆・白朮・防風と3味しか生薬は入っていませんが、
免疫を高める作用があり、外邪の侵入を防ぎます。

本格的な風邪シーズンを前に飲んでおくと、風邪やインフルエンザ予防になります。
また、毎年花粉症に悩まされる方にもおすすめの漢方です。
「玉屏風散」を試してみたいと思われる方は、お気軽に当店までご相談ください。


「漢方カウンセリング がじゅまる」

〒222-0011
横浜市港北区菊名1-5-1
(東急東横線「妙蓮寺」駅徒歩1分)

営業日:火・水・金・土(祝日除く)
営業時間:10:00~17:00

ご予約&お問い合わせは下記のフォームからお願いします。

contact-gr200.png





共通テーマ:健康