So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
養生法 ブログトップ
前の5件 | -

水の巡りが悪い方におすすめ [養生法]

なんと横浜では、今日梅雨明け宣言が出てしまいました。
6月は、梅雨真っ只中の印象があるので驚きです。

梅雨明け宣言はされましたが、まだ体は夏ではなく
梅雨の影響を受けているお客様が多いです。
舌を拝見すると、ぼってりとして厚い苔がついています。

azuki_mame.png

もともと水の巡りの悪い痰湿体質の方は、
湿度の高いときに体調を崩しやすいので注意です。

そんな方に食べ物では、あずき・大豆・黒豆・空豆の豆類
水の巡りを良くしてくれるのでおすすめです。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:健康

喉の渇きに・・・甘酸化陰 [養生法]

今日の横浜は、真夏の日差しが照りつけているような暑さでした。
喉がとても乾いたので、今日の献立に・・・

resize1412.jpg

「さつまいもとなつめの甘煮」を作りました。

甘味があるさつまいもとなつめに、酸味のレモン汁をたっぷり入れて
くつくつと煮込みました。

薬膳では、甘酸化陰といって、甘味と酸味が合わさると、
潤いを生むと言われています。
「はちみつレモン」なども甘酸化陰にぴったりですので、
喉が渇いた日や汗を良くかいた日におすすめです。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:健康

冷たいものと油ものの組み合わせに注意 [養生法]

今日の横浜は、梅雨の晴れ間でしたがとても蒸し暑かったです。

beer_woman.png

今の時期は、外からの湿気と暑さから水分摂取も多くなり、
胃腸の働きが低下しやすいです。
お腹がチャポチャポしたり、張ってガスが溜まりやすくなります。

これからの時期にやりがちなのが、冷たいものと油ものの組み合わせ。
例えば、ビールとから揚げ、氷入りの麦茶と天ぷら、鰻丼とすいかなどです。

このような組み合わせは、胃腸にガスが溜まりやすく、
お腹を壊しやすいので控えた方がいいでしょう。
お腹のためには、暑い時でも飲み物や食べ物は冷やしすぎず、
消化の良いものがおすすめです。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:健康

老化予防に「静の養生法」 [養生法]

最近は気温のアップダウンが激しくて、体調を崩されている方が多いですね。

resize1390.jpg

さて今日は、東洋医学の「静の養生法」についてお伝えしたいと思います。
古くから東洋医学では、養生を日常に取り込み、
老化を予防することを大切に考えてきました。

例えば、

少欲・・・欲望をなるべく抑える
抑目・・・知らなくても良いことはむやみに知ろうとしない
静耳・・・無理に聴こうとしてイライラしない
静神・・・心を鎮めて怒らない
静功・・・深い呼吸によって精神を安定させる

とてもシンプルな教えですが、情報過多な現在で実践するには意外に難しいですね(-"-;)
でも、頭の片隅に入れて、私もコツコツと実践していきたいと思います。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/





共通テーマ:健康

「五月病」のおすすめ養生法 [養生法]

昨日でゴールデンウィークが終わりましたが、お元気でいらっしゃいますか。

ホームページ内の「今月のおすすめ漢方」でも書きましたが、
3月や4月に環境が変わり、知らず知らずのうちに蓄積されていた心身の疲労が、
ゴールデンウィークの休みで一気に出やすくなります。
中医学的に見てみると、「五月病」は気の異常と考えられます。

resize1381.jpg

今日は「五月病」をタイプ別に分け、養生法についても書いていきたいと思います。


1、気滞
気の流れが滞っている状態です。

精神的にイライラしやすく、怒りっぽいです。
からだの症状では、お腹や胸が張って苦しい、ガスやげっぷが出やすい、
喉が詰まる、肩こりがひどい、生理前に情緒不安定になるなどがあります。

このタイプの方は、几帳面でがんばり過ぎてオーバーワーク気味な方が多いです。
ゆったりと深呼吸をして、のんびりぶらぶらと散歩をしたり、
映画や音楽鑑賞などリラックスできる時間を持つことが大事です。
また香りのよい食材や柑橘系のアロマなどもおすすめです。


2、気虚

気が不足している状態です。

精神的には、ストレスを受けやすく、意欲が湧いてこない方が多いです。
からだの症状では、疲れやすい、身体がだるい、動くと息切れや動悸がする、
汗が出やすい、風邪をひきやすい、軟便、胃もたれになりやすいなどです。

このタイプの方は、性格が控えめで自分の主張をしづらく、環境の変化にも弱いです。
身体が冷えている方が多いので、生姜やシナモンなど温める食材を食べましょう。
また、睡眠をよく取り、ヨガやウォーキングなど軽めの運動がおすすめです。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/





共通テーマ:健康
前の5件 | - 養生法 ブログトップ