So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
漢方薬の話 ブログトップ
前の5件 | -

秋の「抜け毛」でお悩みの方へ [漢方薬の話]

連休中の方も多いかと思いますが、いかがお過ごしですか。

季節は秋になりましたが、今年の夏は厳しい暑さが続いたせいで、
「抜け毛」に悩まれる方が多くなっています。

中医学で、髪は血余といい、血液の余りと言われています。

今年は、例年になく猛暑で「血」を多く消耗したことが原因で、
血液が不足し(血虚)髪に栄養が行き渡らなくなったことが考えられます。

resize1481.jpg

そのような方には、婦人宝をおすすめしています。
「婦人宝」は不足した血を補い、血の巡りを良くし、血虚を改善してくれます。
シロップタイプの漢方で「飲みやすくて続けやすい」と好評です。

抜け毛にお悩みの方、一度「婦人宝」をお試しください。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/



強い不安感、動悸に「定悸飲」 [漢方薬の話]

今日は、大きな地震が北海道でありました。
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
今後も余震が心配です。くれぐれもお気をつけてください。
どこで起こってもおかしくない地震…我が家も防災グッズの再点検をしました。


さて先日、小太郎漢方製薬より新商品が発売されました。

resize1475.jpg

定悸飲です。

漢方エキス剤では初めての処方なので、初耳の方も多いかと思います。
「定悸飲」は、不安感が強く、動悸が気になって仕方がない場合に効果があります。

慢性的な不安、緊張、落ち着きがないなどの「精神症状」と、
動悸、頭痛、眩暈、筋肉の緊張、不眠(寝つきが悪い、途中で目が覚めるなど)
の「身体症状」のどちらにも応用できます。

例えば・・・

・就職活動の面接やプレゼンの発表など、緊張感から強い動悸がする時
・乗り物に乗ると、不安感から急に強い動悸がする時

などにも良いかと思います。
ストレスがかかる場面に遭遇する前にあらかじめ服用しておくと、
気が下がりこころが落ち着くような感じがするかと思います。

飲みやすい小さめの錠剤で、15日分からご用意していますので、
どうぞお気軽にご相談ください。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/




夏、お腹を壊した時に「藿香正気散」 [漢方薬の話]

今日も猛烈な暑さの横浜でした。
今日は、夏によく使用される漢方藿香正気散(かっこうしょうきさん)について
書きたいと思います。

haraita_man.png

藿香正気散の正気(しょうき)とは、からだの内外の冷えや湿気などが原因で、
乱れてしまった気を正すという意味があります。

藿香正気散には藿香や蘇葉(シソの葉)など香りの高い生薬も多く含まれており、
暑さや冷たい飲食物をとり過ぎて働きの悪くなった胃腸を癒し、
食欲不振などを改善することができます。

私も先日、冷えからお腹を壊してしまったのですが、
すぐに藿香正気散を飲んだらその日のうちに治りました。

夏に冷たいものを飲んでお腹を壊した時などに良いですが、
旅行や出張などでよくお腹を壊すような方にも「藿香正気散」はおすすめです。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/




夏の食欲不振に…「清暑益気湯」 [漢方薬の話]

今日は、全国的に今年一番の暑さになる予報が出ています。
くれぐれもお気を付けください。


さて、昨日も漢方の勉強会に行ってきました。
前回と同じく「夏バテの漢方」の講座で、今回は清暑益気湯のお話がメインでした。

resize1444.jpg

名前に「清暑」とついているので、体を冷やすイメージを持たれると思うのですが、
直接的に冷やす生薬は黄柏のみで、全体的にはちょっと体を温めるイメージです。

というのも、夏バテの人は胃腸が弱っている方が多いので、
冷やしてしまうと消化吸収が悪くなり、ますます夏バテになってしまうからです。

私も、夏は食欲が落ちやすいのですが、今年は「清暑益気湯」を飲んでいるおかげで、
食欲が落ちずに朝昼晩と食べられています。

「清暑益気湯」は、疲労倦怠感、食欲不振、口の渇き、汗が多い、動悸、息切れなど
夏バテの諸症状におすすめの漢方です。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/




夏バテの漢方 [漢方薬の話]

一昨日は、久しぶりに夜に漢方の研究会に参加してきました。
今回は、夏バテの漢方ということで「補中益気湯」と「生脈散」のお話でした。

resize1421.png

「生脈散」は、当ホームページの“今月の漢方”にも取り上げましたが、
中国では夏になると、「生脈散」のドリンクや商品が店頭に並び、
一般の家庭でもお茶のように飲まれているそうです。

「生脈散」は、運動をいつもしていて疲れやすく汗っかきの人によい漢方で、
汗のにおいが臭い人にもおすすめだそうです。

これからも猛暑が予想されるので、何か体力を使うような時にあらかじめ
「補中益気湯」や「生脈散」などの漢方を飲んでおくと夏バテ予防になります。
私も今日は朝から庭いじりをする前に、漢方を飲んでおきました(^^)


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/








前の5件 | - 漢方薬の話 ブログトップ