So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
健康法 ブログトップ
前の5件 | -

冷え症に!使い捨てカイロのお灸 [健康法]

今週は、最高気温が20℃に届かず、秋が深まりそうな横浜です。

winter_haru_kairo.png

さて、今日は冷えが気になる方に簡単なカイロのお灸をご紹介します。

なかなか鍼灸院へ行ってお灸をしてもらうのは難しいという方に、
使い捨てカイロのお灸をおすすめしています。

やり方は、使い捨てカイロをお腹や背中に貼るだけなのですが、
からだの不調によって場所が違いますので、下記ご参考ください。


1、下半身が冷える、冷えると生理痛がひどい

・へそから指幅4本分下くらいを中心にお腹に貼る
・お尻の尾てい骨のお肉がついてないところに貼る


2、上半身が冷える、肩こりがする

・背中側の肩甲骨の間に貼る


3、お腹の調子が悪い

・みぞおちの下あたりに貼る


貼ってしばらくすると、じんわりとポカポカ温かくなると思います。
ただし、くれぐれも「低温やけど」には注意してくださいね。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
https://gajyumaru-kampo.com/







共通テーマ:健康

秋の夜長、寝付けない時に「筋弛緩法」 [健康法]

今日は、秋晴れの横浜です。
でも、夜に向けてお天気が悪くなるらしく・・・
また明日も曇り空が広がりそうです。

neru_man.png

さて、今日は「がじゅまる通信11月号」の下書きを作っていました。
そこに書ききれなかった分を、今日こちらでご紹介します。

少し前の記事に睡眠について書きましたが、
今回は、良い眠りのためのリラックス方法について書きたいと思います。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、「筋弛緩法」です。
筋弛緩法とは、筋肉を意識的に緊張させてからゆるめるリラックス方法です。

やり方は簡単。

肩にギューっと力をこめて上に上げてから(5秒ほど)、
ストンと肩を下ろして脱力します。

日々の生活の中でからだが緊張状態になっていることが多いですが、
この「筋弛緩法」で緊張をほぐすことにより、
自然と心もリラックスできるそうです。

また、睡眠前にお布団の中で、身体の緊張している部分に力を込めて、
脱力することを習慣づけると、スムーズに眠りやすくなり、
睡眠の質もアップするそうです。

私は、大学のスクーリングでこの「筋弛緩法」を教わったのですが、
とても簡単な方法でリラックスできるので、それからずっと、
「緊張しているな」とか「肩が凝っているな」と思う時に実践しています。

秋の夜長、寝付けない時に「筋弛緩法」、おすすめです。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/






共通テーマ:健康

睡眠でお悩みの方へ [健康法]

昨夜は、緊急地震速報の音にビックリして起きました。
あの音、本当に心臓に悪いですね。。。

resize1502.jpg

さて、昨日はお店が終わってから、
「睡眠とマインドフルネス」という講座に行ってきました。

睡眠のメカニズムや睡眠障害・不眠症などについて学べ、
実際に「マインドフルネス」も体験できました。

私は、何年も前から「マインドフルネス」を実践しているのですが、
みんなで一緒にやるのは初めてだったので良い経験になりました。

睡眠でお悩みの方はとても多いです。
カウンセリングでは、その方に合った「よい眠りのためのアドバイス」も
お伝えしていますので、お気軽に当店までご相談くださいね。


「漢方カウンセリング がじゅまる」ホームページ
http://gajyumaru-kampo.com/





共通テーマ:健康

冷えて眠れない時は・・・ [健康法]

お店のある横浜の妙蓮寺は、昨日は雨が強く降りました。
今日は一転して秋晴れですが、涼しくなって空気感が変わりました。

bd_girl_sleep.png

昨夜はちょっと冷えを感じたので、この秋はじめてレッグウォーマーをつけて寝ました。
からだが冷えるときは、足首や手首など首の部分を温めると良いと言われています。
首の部分を温めると、皮膚の下を流れる血液も同時に温まり、
その血流が良くなることで身体全体が温まるらしいです。

実際にレッグウォーマーをつけて寝たら、昨日は冷えて起きることがなかったです。
鍼灸でも、足首にある三陰交・太谿のツボは冷えに効くと言われています。
冷えて眠れない方は、レッグウォーマーをどうぞお試しください♪




深い呼吸の大切さ [健康法]

今日は、5月9日で5(こ)9(きゅう)、呼吸の日だそうです。

中医学ではを重要視します。
気は、生命の本質的な物質であり、先天の精、後天の精の源であると
考えられています。
その気を動かすのが呼吸の働きです。
現代の日本では、ストレスなどが原因で呼吸が浅くなりがちです。
それによって、気の栄養を十分に取りこめず気虚の方が増えています。

fukushikikokyu_isu_woman.png

呼吸で大切なのは、まず息を吐ききることです。
気が集まるとされる丹田(おへその5cm下)にある空気を全部
からだの外へ出すように、ふぅーっと長い息で吐ききります。
それが終わると今度は自然に任せて吸います。これを繰り返します。
できれば、吐くときは体の中の悪い気が外へ出ていくイメージで、
吸うときは新鮮な良い気が身体の中に入ってくるイメージをするとより効果的です。

深い呼吸を続けていくと、血の巡りが良くなり身体が温まってくるので
特に冷え症の方は日課にすると良いでしょう。
また、深呼吸をすると落ち着くように、深い呼吸は精神面にも作用するので、
ストレスや不安感を抱えている方にもおすすめです。



共通テーマ:健康
前の5件 | - 健康法 ブログトップ